エレクトーレ エルビュー 冨宅孝子 社長日記
<< 休日 | main | お墓参り >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

末冨さんからのお中元

     鮮やかなブルーのお洒落なラッピングは一目で末冨さんとわかります。

     末冨さん特製のお菓子、両判と懐中ぜんざいをいただきました。

     懐中ぜんざいはとっても美味しく、真夏に日持ちするお菓子として、明治時代
     から創られたものなのです。名前の由来は、真夏の旅行の折り「ふところ」に
     入れて持ち歩き、休憩時にこれを食べると疲れをとり、暑気当たりを防ぐと言
     われて「懐中」のなまえが生まれたそうです。末冨さんのお菓子はどれも粋で
     美味しいのです。
              130802DSC01066.jpg

                       一目でわかる鮮やブルーの末冨さんの包装紙

              ?DSC01067.jpg
                                 内のしも素敵です

              ?DSC01068.jpg
                京都の夏の行事、大文字の送り火がデザインされています

ellebeau * 日本の美 * 11:22 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:22 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ
プライバシーポリシー著作権について企業コンセプト会社概要採用情報